竹原編集長の明るいコラム

『目指そう!観光立国ニッポン』(Free)

2017年8月 5日

◎急増する外国人観光客

観光目的にした観光客の急増に、ビックリしています。今まで、海外からの観光客を増やさなければと、いろんな工夫をされて来ましたが、ほとんど効果がありませんでした。
それが、一気に増えています。観光客向けに新しいサービスをしたとか、そんなものはほとんどありません。円安やビザの影響もあるでしょうが、すごい勢いで増えているのです。

◎潤う大阪経済

大阪市内では、百貨店の売り上げもインバウンド需要で、すこぶる好調です。外国人客を当て込んだホテル建設も増えています。ホンマに外国人客のお陰で大阪経済が潤っています。
中には、このインバウンド需要はいつまで続くのか?と冷ややかな見方もあります。それでも、欧州の国々に比べると、観光需要はまだまだ小さい規模です。

◎欧州はもっと凄い

年間の観光客数は、フランス8000万人、スペイン6800万人、イタリア5000万人です。
日本はまだ2400万人。欧州各国では、その国の人口以上の人数が世界から観光に来ているのです。日本なら、1億20000万人以上の観光客がきてもおかしくありません。
今まであまりにも、外国人観光客が少なかったので、2400万人でビックリしているのです。欧州の国に比べると、日本への外国人客はまだまだ少ないのです。

◎外国人労働者はリスク

少子高齢化で日本の人口は減少傾向にあります。でも、良く考えると日本の人口が減った分を、こうした外国人観光客で補うの一つの方策かも知れません。
今までは、外国人労働者を日本に入れてカバーしようという意見もありました。でも、テロの問題を含め、外国人労働者を導入するリスクも少なくありません。

◎観光客で賑わうニッポン

日本の生産性を考えると、観光客と労働者は全く違うと突っ込まれそう。でも、労働者は日本のお金を持って帰ります。一方、観光客はお金を落としてくれます。こんな良いことありませんな。個々の観光客の滞在日数はそれほど長くはありませんが、次々と波のように押し寄せて来ます。
今の大阪の心斎橋のように、全国各地に大勢の外国人が訪れるでしょう。観光地、主要都市が外国人で賑わうのが常態化しそうです。

◎オシボリ、ウオッシュレット

そうなるためにも、日本はもっと外国人観光客に対して、適切なサービスをしなければなりません。先日、外国人のお話を聞いていて、まだまだ外国人観光客向けのサービスができていないことを教えられました。
「日本はオシボリ、ウオッシュレットなど世界にない素晴らしいサービスがあります。でも、外国人から見ると、凄く不親切なこともいっぱいあります」と、おっしゃいます。

◎お茶間違ってお酒を

コンビニのお茶を買おうと思っても、すべて日本語表記。間違って、お酒を買ってしまう外国人も少なくありませんと。
英語表記は、サントリーだけですよと言われました。また、ウオッシュレットも、素晴らしい商品ですが外国人には使いづらいと。

◎ボタンの意味分からん

大、小、止など操作ボタンは全て漢字なのです。日本人の我々は、全く違和感ありませんでしたが、確かに外国人にはボタンの意味が分からないので困ると思います。
日本の薬や化粧品もまだまだ日本語表記が圧倒的です。外国人には不親切と指摘されます。サトウ製薬だけが、裏を英語にされたので助かっていますと、言われます。
確かに、日本人では気づかないのでしょう。電車の切符も、ほとんど日本語表示だけで、外国人が迷っておられるそうです。

◎新幹線の切符も日本語表記ない

新幹線も切符もほとんど日本語だけで。切符を持ってうろうろ迷っておられる外国人が多く、「私が時々助けてあげています」と、言われます。
町の交番も「KOBAN」と書かれています。外国人のためにも、「POLICE BOX」と書くべきでしょうと指摘されました。確かに、確かに、外国人には不便なことまだまだたくさんありそうです。

◎日本の魅力に気づく

自然を崇拝する日本人の精神性、おもてなし、寄り添う心、日本の自然環境など日本には素晴らしいものがいっぱいあります。ようやく外国人が本当の日本の魅力に気づき始めたところです。
インバウンド需要はいつ終焉するのか?と心配するよりも、まずはもっと外国人をもてなす方法を真剣に考えるべきでしょう。

◎外国人観光客で成長

日本の人口を上回る観光客が来ることになれば、日本の町は賑わいます。過疎化も解消、外国人観光客で成長するでしょう。モノづくりばかりに目を奪われずに、観光産業にもっと力を入れるべきだと思います。観光立国ニッポンを目指しましょう。

ご案内

◎ 12月25日・【NHKテレビ】おはよう関西・
元気な中小企業に出演

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113