これまでの記事

農業で元気!6次産業化で最先端を走る 京都のブランド野菜「 九条ねぎ」

農業生産法人こと京都

2018年6月 9日



6次産業化で最先端を走る 京都のブランド野菜「九条ねぎ」 新規就農研修生の募集 冷凍京野菜にも挑戦

 農業生産法人こと京都(075・601・0668)は、京都のブランド野菜「九条ねぎ」をメインに6次産業化で最先端を走る。新規就農研修生の募集、冷凍京野菜にも挑戦、全国展開で200億円企業を目指す。

32歳で脱サラ、父の農業を引き継ぐ。当時年商は400万円。「農業経営でまず年商1億円を目標にしました」と、山田敏之社長。そこで、注目したのが京都ブランドの九条ねぎだった。
京都の地を活かして、“安定生産、安心、味”を徹底追求。京都市伏見区に工場を建設、ねぎをカット加工して飲食店へ供給。7年目で年商1億円を達成した。

農業生産者の後継者問題が深刻化する中、全国から新規就農の研修生を募集、人材育成にも取り組む。すでに、30-40歳代を中心に30人弱が参加、「優秀な若者が農業にやって来ます」と。
3-5年かけてねぎ生産を学び、こと京都がねぎを買い取ることで新規就農者を支援。「こと九条ねぎ」ブランドを普及、安定した量と価格を実現することで、飲食店が購入しやすい体制を構築した。

一方、岩谷産業と合弁で「こと京野菜」を設立、京野菜の冷凍加工、販売にも取り組む。京野菜を通年で楽しめることになり、今後は海外展開も検討する。
一方、東京に「こと日本」を設立し、ねぎビジネスの全国展開を計画。2020年には静岡に加工工場を建設し、東西に拠点を設置。「今の1・5倍に当たる6-7万トンのねぎを出荷したい」と、元気なねぎのビジネスを進めている。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!
◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年12月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113