竹原編集長の明るいコラム

『日本の鏡が世界を写す!』(Free)

2020年3月21日

◎古いビジネスも好き

最先端のニュービジネスもあれば、昔からづっと続いているオールドビジネスもあります。AIやロボットなどを活用したビジネスにも興味がありますが、その一方、誰も知っている古いビジネスも大好きです。
先日、そんな古い商品をつくっている社長さんに出会いました。実は前々から取材したい会社であり、先日、新型コロナウイルスのため無観客フォーラムとなった記念すべき会場で出会いました。

◎化粧用の鏡を製造

この社長さんは、お客様が全くいない会場ながら熱心に自社商品をアピール、前向きな姿勢にボクも感動してしまいました。その商品とは、どちらの家にも必ずある鏡でした。
なかでも、女性が良く使われる化粧用の鏡をつくっておられました。大阪市平野区にある創業65年の歴史を誇る会社です。以前、この地域にはたくさんの鏡工場がありましたが、今がほとんどなくなってしまったそうです。

◎鏡の質と機能を追求

「鏡の質と機能にとことん追求した会社です。プロ、アマ向けにオンリーワンの鏡をつくり続けています」と、社長さんはおっしゃいます。その1つが、協力工場の特許技術を活かして、商品化に成功したと画期的な鏡でした。
鏡はガラスから作られます。従来は実際よりも黄ばんで見えるのが普通でした。そこで、ガラス基材を選び、反射金属を工夫することで、白くし肌本来の色を素直に映し出す鏡を開発されました。

◎累計300万台を販売

これまでに累計300万台の販売を達成、ロングセラー商品になっています。こも鏡をベースにさらに、より機能性を持たせた新しい鏡を次々と開発、女性のニーズに応えてこられました。
社長さんは男性ですが、女性の化粧を徹底研究して、新商品を市場に投入されます。例えば、鏡の支柱が上下に動きベストボジションで見え、さらに回転すると頭のてっぺんまで写し出せる卓上3面鏡もあります。

◎シーンに合わせて化粧

また、最近ではLED照明で自然色、クール、暖色系の色が出せ、外出、ビジネス、ホテルなどのシーンに合わせて化粧が出来るLED照明付きスタンドミラーも発売されました。
仰ぎ目、伏し目、正面が良く見える目の3面鏡、美容部員向けの「プロモデル折立ミラー」なども商品化、ヒットを飛ばしておられました。

◎少数精鋭で商品化

正社員2人、女子パート社員4人体制ですが、安定した経営を進めておられました。試作品などを女子パート社員に提供して使い心地などを聞き、少数精鋭で商品化されていました。
メイドインジャパンを武器に世界戦略に取り組もうとされていました。中国では上海高島屋、伊勢丹などで販売されていますが、今後は香港、インド市場での販売を検討されています。

◎パリで鏡を販売へ

この春からは経済産業省の支援でパリにある商業施設「maison wa」で約20種類の化粧用鏡を常設展示、販売も始められました。今後は欧米市場にもアプローチしたい考えだそうです。
日本の和の文化が海外でも注目を集めています。日本人の繊細な感覚でつくった鏡が、世界でも評判を呼びそうです。期待しましょう。

コロナころりん

YouTube
日本一明るい
経済新聞
2020年3月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113