竹原編集長の明るいコラム

『朝チアで大阪を元気に!』

2021年4月10日

◎日本を明るくしよう

世の中には、ボクと同じような思いを持っておられる方もおられます。明るい職場をつくる異業種交流会で出会った女性は、日本を明るくしようと真剣に、前向きに取り組んでおられました。ちょっと嬉しくなり、ご紹介させてもらいます。
ボクの場合は、新聞を通じて世の中を明るくしたいと、日本一明るい経済新聞を発行させてもらっています。今回、出会った女性は、新聞ではなくチアガールで日本の元気づくりを応援されていました。

◎メディアも注目

チアガールがいろんな場所でダンスされ、新型コロナでちょっと暗い社会を明るくされていました。若い女性のチアガールが踊るわけですから、インパクトがあります。
メディアも注目されて、交流会にはテレビスタッフも追っかけで来ておられました。プレゼンでも、チアガールによる応援ビデオを交えて積極的にアピールされていました。

◎チアガールの応援力

女性はこの活動団体の代表ですが、フリーのアナウンサーでもあります。東京都港区に拠点を置き、チアガールの応援力で北海道や四国など全国で活動されていました。
「応援の力であきらめない心が芽生え、生きる力を取り戻しました」とおっしゃいます。出張応援、応援学セミナー、企業研修、講演活動を通じて、中小企業の元気づくりにも取り組んでおられます。

◎“朝チア”応援活動

その中でも、ユニークな活動が“朝チア”応援活動でした。朝の賑わう駅前などで、突然、チアガールが登場、出勤途中の人や学生さんに応援するのです。
みなさん楽しそうに見ておられます。 11年間で通算1000回以上にわたって、駅前などで突然の“朝チア”応援活動を実施。メディアでもこれまで多数取り上げられます。

◎大阪への本格進出を計画

異業種交流会でプレゼン、中小企業経営者からも賛同を得たことで、大阪への本格進出を計画されています。「大阪は2025年に万博も開催されます。応援のチカラで盛り上げたい」とし、年内にも東京チアメンバーを来阪して“朝チア”を実施。大阪でもチアメンバーの募集、スポンサー、個人会員などを集めたい計画です。

コロナころりん

ご案内

日本一明るい経済新聞・購読申し込みは
日本一明るい経済新聞のホームページから

店舗購買は、◎ジュンク堂大阪店◎TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE/一部400円

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113