これまでの記事

スタート!エアコン省エネPJ 3割の節電効果を確認

五大有限責任事業組合

2021年5月30日



五大有限責任事業組合(電話06・6362・9311)は、中小企業が力を合わせてSDGsに対応し国内生産にこだわる事業を推進する。
その第1弾として、チルコートとアシストが共同でエアコン室外機に遮熱塗料とブラインドで3割節電できる「エアコン省エネプロジェクト」をスタートした。

同組合はLLPと呼ばれる事業組合で、令和2年9月に設立。大阪市北区西天満に事務所を置き、チルコートの神藤昌徳社長とアシストの俵誠治社長が職務執行者に就任。一般組合員法人8社と7つの団体が加盟している。

「SDGsの精神に則り、異業種の中小企業が参加し、それぞれの強みやネットワークを活かして、社会に貢献できるビジネスを進めていきます」と。その手始めとして、遮熱塗料を展開するチルコートと水処理事業のアシストの両社の技術やノウハウを生かした「エアコン省エネプロジェクト」を始めた。

ビルの屋上など設置されている室外機は、夏の暑さで温度が上昇し冷却効率がダウン。室外機にチルコートを塗布し遮熱する対策を進めるが、むき出しのラジエーターには塗布できなかった。そこで、本体塗布に加えチルコートを塗布したルーバーを取り付ける仕組みを考案。

「これまでの実験では3割の節電効果を得ていましい空調を実現できます」と。現在、ブラインドの素材選択や組合メンバーによる施工業者体制など準備を急いでおり、この夏から本格事業化に乗り出す計画だ。

【注目】オンラインセミナーのご案内

 

新プレスリリース

毎年開催! 第25回 谷風社水墨画展

ぜひ、ぼくの作品をみてください。
6月28日(月)〜7月9日(金)
大阪市中央区役所・中央区民ギャラリー (大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号) 土・日はお休みです。



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2021年6月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113