これまでの記事

日本一の弁当販売月間12万個以上、来年から無人弁当販売

せいらくフーズ

2022年10月31日

せいらくフーズ(TEL 06・6167・0010)は、大阪市内でランチ時、出張弁当販売などで月間12万個以上の弁当を販売。高層オフィスビルでの「オフィス置き弁」、来年から24時間無人弁当店と新戦略を打ち出す。

創業37年。大阪市鶴見区放出東1丁目に本社工場を持つ。弁当の製造販売と唐揚げグランプリ3年連続金賞の唐揚げ専門店8店舗を運営する。

「中華をはじめ多彩な弁当をつくり、配達します。予約いただけると6000個でもお届けします」と、豪語するのは西田清社長。選べる200種類の本格メニューを用意した宅配事業、昼食時にオフィス街で弁当を売る店舗販売事業、指定した日時、場所に配達する給食事業を展開。

大阪市中央区、西区、北区の約40カ所でランチ時に販売する数は毎日4000個以上。“日本一のパラソル弁当会社”とも言われる。このほか、イベント弁当など毎日1000-1500食あり、弁当のガリバー会社だ。

最近では、「高層ビルで働く社員さんはお昼時エレベーターが混雑、食事に行くのが大変」と、販売員を置かない『オフィス置き弁』を始めた。会社に弁当をお届け、社員さんがQRコードからキャシュレスで購入する仕組み。

また、無人の弁当販売店を計画。店内にいるお客様は、カメラと音声で会話できるシステムだ。来年には24時間無人弁当店を5店舗開店予定にしている。今後、工場の稼働率を高め、3年後には売り上げを倍増し、年商10億円を目指している。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

明るいTOPIX

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113