これまでの記事

缶詰ビジネスで中小企業を元気に,「缶詰工場製造支援」プロジェクトをスタート

浪速工作所

2024年1月29日



浪速工作所(☎072・271・5931)は、缶詰ビジネスで中小企業を元気にしたいと、「缶詰工場製造支援」プロジェクトをスタート。小規模缶詰製造設備、ライン立ち上げ、経営まで丸ごと支援、将来全国300カ所に缶詰工場を目指す。

堺市南区高尾3丁に本社工場を置く。創業は1946年で、金型製造、生産ラインづくりなどを行う。自社商品の開発にも取り組み、その一環で「缶詰工場製造支援」プロジェクトを展開する。

「缶詰製造設備は、大量生産型しかなく、中小企業では缶詰は難しいビジネスでした。そこで手作業でできる小規模な機械を開発しました」と、谷本和考社長。

機械のほか、製造ラインづくり、缶詰メニュー開発、販売ルートなど缶詰事業に必要なノウハウを全てパッケージにして提供する。投資費用は改装費用含めて約3000万円。生産できる缶詰サイズは、平3号缶、6号缶、マッシュルーム2号缶、など5種類。2022年,
2023年は7件の受注に成功した。

「缶詰にすると常温で3年間保存できます。地方の食材などを活用した和食の缶詰は、今後国内外で広がりそう」と期待する。24年夏からは本社工場内に自社缶詰生産ラインを新設、稼働する。

自社ブランドの缶詰のほか、企業からの受託生産も行う。「設備購入企業を含めて国内300カ所で缶詰工場を設置したい」と、缶詰ビジネスで日本の中小企業を元気にしたい考えだ。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】4/10^UP


▶魅力と驚きが詰まった作品展


三田理化工業社長 千種 純さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113